泣ける本と、アメリカンジョーク本・3

机の上が私物まみれで怒られました。Indiです。こんちゃーす。

テーブルの半分ずつが、私と旦那様の領土なのですが、今、4分の4、私が使っているからな。可哀想に、旦那様…ww



泣ける2ちゃんねるの1冊目と3冊めが届きました。




涙で前が見えないよう…!!


まあ、全く面白くもなく、感動も出来ない、「だから?」っていう、つまらない話も混在しているのですが、まずまずです。暖かい両親に恵まれた方なら、もしくは、悲惨な家庭で育った方でも、モノによっては、涙も出るかと思われます。母ちゃんには不要だなと感じました。

あいつの周囲、まともで優しく穏和な、人間らしい人間が、少な過ぎるからなぁ。

それより、私が泣きました。最近めっきり視力が落ちて、前も横も、これからの人生も見えない私が読む分には、大きな指標となります。

そして、子供はやっぱり作れば良かったかな??って。

まあ、姪(っぽい?)が出来るらしいので、それはそれで楽しみなのですが。

知育玩具っていったら、代表格はやっぱりレゴかしら??ウフフ( ´∀`)



昨日届いた、アメリカンジョーク2ちゃんねる選抜。



ジョーク本にしては、かなり上質な方です。面白い。合格。
元ネタが何処なのか知りたいなって思いました。
私が知っているジョークに、アレンジが加えられたものが多数掲載されています。
それとも、こっちが元ネタなのかな??
素直に心の中で笑いました。

さすが、日本一の巨大掲示板。

集まる人も、多くのジョークを知る、無類のジョーク好きですね。
今、ブロンドの女性をジョークネタにしたら、フェミニスト達から、猛攻撃を受けますからね、きっと。
良くも悪くも、何事にもおおらかだった時代の本ですね。発行2008年だし。十年前の本ですww面白かったです。これ、持って行きます。

コメント

このブログの人気の投稿

オビツ27、ヘッドの植毛を諦めた。私はウィッグを使う…!!

1/6 オビツの植毛

メル友詐欺・経過4。最終報告。