ハチ公物語を観る

もうね、号泣でした。
お義母様と見たが、涙とまらねぇ!!


そんな話は誰も聞いていない。
要は中身だ。
この、映画感想家(自称)の私が、これからあの、古臭い映画を観ようという若人に、文章でお勧めしましょうかね!!


まず、ハチの名付けの理由。しっかりとしたものがあります。劇中でそのシーンが入ります。そして、この東大農学部の教授である、ハチ公の飼い主、上野教授の、知られざる人柄が明らかに!!

なんて聡明な人格者なのでしょうか。
そこは、『おじさまと猫』と、重なる部分がありますな。

そしてそして更に、その娘のなんていうか…悪気の無い若いアホな感じ?!
上野教授の嫁の、八千草薫さんの、着物姿の美しさ?!
着物から洋装へと移りかわろうとする、戦前(だったよね、確か??)の時代背景!!
隊列を組んで行進する、兵隊さん達がカッコいい!!

片桐はいりさん、ああ、この方は、私生活では超おしゃれなのよね〜とか。

まあ、岸部四郎さん。このころは元気だったのね、とか。

その兄の、岸辺一徳さん結婚して!!とか。

さて、だんだん全然関係ない方向へと、ひた走って参りましたね。

映画の内容をわずかに紹介しながらも、見る気にさせるテクニックって一体どんなものなんだろう。自称・映画感想家、ここで困る。

上野教授の棺を追い掛け、走って行くハチ公には、涙が止まりません。

創作の部分もあるので、エンタメとして楽しんだ方が良いようですね。

みんな、観てネ!!


因みに、着物の研究にと、同時に借りようとした映画『蔵』は、古過ぎて置いてなかった。これもいい映画なんだよなぁ〜〜!!クゥ〜〜!!

コメント

人気の記事

オビツ27、ヘッドの植毛を諦めた。私はウィッグを使う…!!

1/6 オビツの植毛

メル友詐欺・経過4。最終報告。

作家潰しの方法(というか、陰湿・邪悪な作家について。こういう汚い人もいるからねって意味だよ。真似しちゃあかんよ)

パム・グラウトさんを信じたらどうなったか