いくら沢山の言語を話せたって、相手にされるかどうかは、貴方の中身次第

さあ、アラフォーさんに向けての(若い方でもいいんだけどさ)、一つ、お勉強タイムです。暇な方は、是非、この散文にお付き合いくださいませ。ま、お茶でも召しあがりながら気楽に読んで下さい。欲を言えば、若い方にほど、読んで欲しいかな。

Jamesから聞いた話を書きます。
(つまり、受け売りと、それを聞いた私の感想文)


昨今の、訪日外国人の数には、驚きを禁じ得ません。
オリンピックに向けて、右肩上がりですね。
以前は中国人観光客による、爆買いと言う言葉が目立ちましたが、最近では、お買い物より、素直に観光に来ているようですが。

本国では、猛烈な反日の偏向教育を受けているのに、好んで日本に遊びに来る、という彼等の思考が、私には分かりません。
私は特定アジアへの旅行は絶対に行きたくないし、むしろこの天国・日本から出たくない。例外として、船旅だけは、死ぬ前にしてみたい。

話を戻す。
十数年程前には、名だたる企業が、英語を社内に導入すると言うので、社内では、英語しか話してはいけない、とかやっていましたが、最近では、一週回って、日本語に戻す企業も増えているのだとか。

何故か。

英語では微妙な表現が出来ないからだそうです。
なんか、アバウトなんだって。
その時日本語は、語彙が、めちゃ豊富。

世界に誇る、我等が技術大国・日本は、なんとかして英語で外国人に仕事を教えようとするのですが、外国人、その微妙な表現が理解出来ない→仕事がアバウトになる→だったらもう、通訳を雇った方がいいじゃん!!となったようです。

それに、今は、外国人が日本語の勉強をする時代ですから、英語は世界の共通言語、という訳でも無くなったとの事。

なのでね、バイリンガルやトライリンガル(っていうか、それ以上の十何ヶ国語を話せる方とかもね、世の中だからね、普通にいるんだけれども)が、もてはやされる時代も終わり、今時は、いかにブレない自分の考えを持っているかで、外国人に尊敬されるか、あるいは全く相手にされないか否か、が、決まる時代なんだとか。

帰国子女として、「英語が話せて、かっこいい〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」と周囲から羨ましがられるのは、小学生まで。そんな残酷な時代がやってきております。

沢山の言葉を話せても、自分のルーツに自信を持っているとか、何か一芸に秀でているとかじゃないと、外国人からは、尊敬されないそうです。
こちらも一周回って、昔の古き良き日本男児のような男性や、大正女の様な、一本芯が通った方々が尊敬される時代がやって来たのだとか。

まあ、キチンと教育を受けている人にはね、って事だけど。

と言うわけでしてね、小中高と、全く勉強してこなかった、私の様な人間は、今から何か勉強をしなければならないわけです(まあ、勉強できる環境にも居なかったけどね。家族に超弩級のキ印がいたから)。キ印、本当に絶滅してくれないかなぁ。でもね、一定の確率で、どうしてもこの世に産まれるって言うしね。神様もひどい事するなぁ。ほんと理不尽な事が、世の中には普通にありますね。

で、自分のアイデンティティーを持って、自分の考えもしっかり持っていないと、これからのグローバルな社会では遅れを取るとのことなのです。

アラフォーの皆さん、何か、これだけはって言える、自信を持っている特技や、技術や、知識がありますか??

英語は話せなくても良いのです。通訳を使えば良いだけだから。
自分の考えを持っているという事が、大事なのです。

ないなら、今から勉強しましょう。
上司や部下に対する、不満や愚痴や文句を言っている時間は無いのです。
こうしている間にも、刻一刻と、寿命は削られているのです。
花道や茶道や香道や、着付や、お料理や、生活の中に、何か日本文化を取り入れましょう。
日本史をもう一度、勉強し直してみるというのも良いでしょう。
外国人って、天皇陛下しか知らなかったりするようですし。

和の物に限らずとも、いいのです。
そんな、難しく考えずとも良いのです。
無理のない範囲で、自分を磨いて行きましょうね、ってだけなのです。

素敵に歳を取って行きましょう。
そして、可愛いお婆ちゃんになりましょう。

私は、着付けを習おうかと思っております。
まあ、思っているだけだから、実行に移せるかどうかは、わからないけどねww
一応は、自分なりの勉強をしております。
わたしの大好きな、きくちいまさんの著書を読む事なのですがね。
この方は自分の中に、自分なりの美意識がある人ですね。
それに沿って生活されていて、心豊かな毎日を、過ごされているのだろうなと思います。

こういう事を全く考えておらず、結婚をゴールだと勘違いして、セレブ婚を狙っている女性ほど、実家に寄生しており、未だ掃除も洗濯も料理も親頼りだったりするから、なんだか不思議ですね。

こんな女が、紳士的で知的で、さらに高収入というスーパーイケメンに、相手にされる筈がねぇ。

まずは、その事実に気が付けっていう、ドアホな女が、昔の親友だわ。

可愛くもない、賢くもない。無理矢理褒めれば、スレンダーで(頭はでかいが)愛嬌のある顔をしてはいるが、もはや若くもない。高給取りでもない。悪口大好き、人を見下すのも大好き。根が卑屈だから、自分が格下認定した人間としか、友達にならない。

しかも痛い。というか、痛かった。当時。
私が言えることでは無いが、私より、かなり痛かった。

…イケメンから、相手にされる要素無し。

っていうか、誰からも相手にされる要素無し。

反面教師にしないとなぁ〜。理想的なモデルが、近くにいたもんだよww
何か、もう、色々と脱力しちゃうね。
私も人を見る目が無かったね、昔は。

コメント

人気の記事

オビツ27、ヘッドの植毛を諦めた。私はウィッグを使う…!!

1/6 オビツの植毛

メル友詐欺・経過4。最終報告。

作家潰しの方法(というか、陰湿・邪悪な作家について。こういう汚い人もいるからねって意味だよ。真似しちゃあかんよ)

パム・グラウトさんを信じたらどうなったか