James、立体裁断の方が得意だと判明

Jamesからさらりと概要を聞いてはいたが、それが立体裁断だと判明したのは、洋裁教室の説明に行ってからの事。
なんでも、先生曰く、立体裁断の方が俄然得意な人もいれば、型紙から作らないと、収まりが悪く、裁断できない人も居るのですって。

立体裁断に挑戦してみて、見事に大失敗した私、才能がないのだろうか。
型紙から作らにゃならないのだろうか。だろうな。

子どもの頃に、家庭科の授業で、家の模型を作ったが、あれは楽しかったなぁ。
私も、家の設計図と同様、型紙から展開していったほうがいいみたいです。
まあ、どちらもやってみましょうとは言われましたが、立体裁断は、時間がなくて締め切りに追われている縫い子さんが得意としていそうww

まるっとJamesの事やね…ww
Jamesはいつも忙しいからね…。
もっと安静にして。おねがい。


で、シーチング(仮作り専用の布)を買って、手作りに挑戦です。
四月は予定が込み入っているので、お小遣いも使うし、実際に習いに通うのは、5月か6月になりそうです。

私のドールブックも欲しいしね。

洋裁教室では、色々なものをそろえねばならないので、結構お金が掛かります。
まずは定規。しなるやつ。カーブのものとか、方眼定規とか。
あとは糸。ボビン。
先生が文化出身なので、文化から通販で取り寄せるって。

考えたらしちめんどくさくなって来た。

でも、月三回だからいいか!!
結構気楽に習えそうです。

ドールのお洋服だから、チクチクと手縫いで良いしね。

まずは、ドールブックの通りに作って、ジェニーちゃんに着せてみたいなぁ。
もっと腕をあげたら、ダルちゃんのお洋服もつくりたいなぁ。

ブライス?

あんな(私からしたら)バカ高い物、素体すら買うお金がないぜ!!
(でも、ゲルダとシュガルンコラボは欲しいなぁ)
オークションで、中古品のボロをつかまされるのもイヤだし…迷う所ですね。

まぁ、人間用の服を作るのでは無いので、人間用よりかは、多少は簡単じゃろう。
(人間は皮膚が伸びたり縮んだりするので、そこが大変なんだって!)

それにしても、先生もドールに詳しかった。
お教室に、ドルフィーの持ち主が通っていらっしゃる、というのもあるのでしょうが、バービーちゃんの後に、タミーちゃんとペッパーちゃんが居たと教えてくれました。それで、しばらくして気が付いたら、リカちゃんが発売されていたと。


タミーちゃん。
バービーの次に発売されたアメリカ、アイデアル社の商品。

ジェニーちゃん2体(純正ボディとオビツボディ)と、りかちゃん(22センチオビツボディ換装済み)を持っていきましたが、先生は、(見た感じは)キモがるでも引くでもなく、丁寧に説明し、色々と教えてくれましたww

針と糸と、生地に、買うもの沢山!!ヒィ!!( ;∀;)

コメント

人気の記事

オビツ27、ヘッドの植毛を諦めた。私はウィッグを使う…!!

1/6 オビツの植毛

メル友詐欺・経過4。最終報告。

作家潰しの方法(というか、陰湿・邪悪な作家について。こういう汚い人もいるからねって意味だよ。真似しちゃあかんよ)

パム・グラウトさんを信じたらどうなったか