ブリューゲル展に行く

妹が行きたいと言っていた、ブリューゲル展を、一緒に見に行きました。
なんでも、一族で画家だった方々のようですね。

公式サイトより

来日する100点程の作品の多くが、プライベートコレクションだとか。
やっぱり、お金を支払って借りて来るのかな??



皆さまが避けて下さったので、人が映り込んでいない。その為、このポスターの大きさが分からないでしょうけれど、入口から素晴らしかったですよ!!

二階展示室は2月18日まで撮影自由ですので、撮りたい方はぜひ来てネ!(意訳)

って書いてあったから(どこで読んだか忘れたが)、若干混み気味の一階をほぼスルーし、二階へと行ってみたら、撮影スペースが無い!!

なんでやねん!!でも、行きがけにすれ違った、おそらく東京都美術館から帰るであろう人々の多くが、自慢のカメラを首から下げていたなぁと思い、そのまま三階へと行ってみたら、三階が写真撮影OK!!のスペースでした。



一階はほとんど観てこなかったので、何とも言えないのですが、階が上がるにつれて、何だか求心力の強い絵画が多かった気が。

三階は特に凄かったです。



でかいモニターが3つほど出迎えてくれました。一階にもあったような。プロジェクターもあったなぁ。最近の美術館は凄いね。

午後から突撃したのですが、同じ午後組が一階をゆっくり見物しているうちに三階へとサッサカと向ったので、ゆっくりまったり鑑賞、撮影できました。

決断力の勝ち!!



私が一番見たかった、昆虫の絵は、一見の価値アリ。
大理石に描かれているのです。
透明感が美しい、非常に繊細な絵でした。
完璧な配置に、配色。
並並ならぬ、プロの腕前を感じる。











あと、古代ギリシアの4大元素(火、水、空気、土)の連作も素晴らしかった。
これが写真に撮れなかったことが後悔である。二階に展示されていたからなぁ、仕方ないです。このコレクション持ってる人、羨ましいなぁ…!!
美しい絵でした。
水の絵は、貝や魚達が、大気の絵には、鳥達が、沢山、活き活きと、そして緻密に描かれておりました。素晴らしい!!感動!!

そして、花。
花の絵も、これでもかと来日していました。


















この辺にして。
次は、メーンの農民たちの絵ですな。





























写真の腕前が悪いのだが、数々の花の絵画とともに来日した、これも一押しの絵画。
でっかい。間違ってもさわらないようにとガードしている更にでっかいアクリル板が、余計に見る者を威圧する。

コミカルな絵。

たくさんのお酒を浴びるように飲み、ごちそうを沢山食べて踊りまくる農民達。ちょっと見方によっては、浮かれすぎた、やらかした的な農民の絵ですが、昔は楽しみなんて、結婚式くらいしかなかったでしょうからね。

普段、真面目に忙しく働く農民にとっては、大騒ぎ出来るビックイベントな訳ですね。









この連作、いちいち撮る事がめんどくさかった。
流れ通りみたが、どんなストーリーが込められているのかも、よくわからなかった作品。ただ、非常に牧歌的ではあったなぁ。



出口に設置された、農民と一緒に写真を撮影できるスペース。セルカ棒もってないと、多分撮影は大変です。セルカ棒は使用禁止って書いてあるから、持ってこなかった女性が、苦心してスマホで撮影しておりました。

以上!!
お付き合いいただき有難うございます。
見物に行く方!三階は、大ハッスルすると思います。
2月18日までに行く方は、是非カメラをお持ち下さいね!!

コメント

人気の記事

オビツ27、ヘッドの植毛を諦めた。私はウィッグを使う…!!

1/6 オビツの植毛

メル友詐欺・経過4。最終報告。

作家潰しの方法(というか、陰湿・邪悪な作家について。こういう汚い人もいるからねって意味だよ。真似しちゃあかんよ)

たまきちゃんちにリカちゃんがやってきた!!(今月のジェニーちゃん人形劇場1)