投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

ブリューゲル展に行く

イメージ
妹が行きたいと言っていた、ブリューゲル展を、一緒に見に行きました。
なんでも、一族で画家だった方々のようですね。

公式サイトより
来日する100点程の作品の多くが、プライベートコレクションだとか。
やっぱり、お金を支払って借りて来るのかな??



皆さまが避けて下さったので、人が映り込んでいない。その為、このポスターの大きさが分からないでしょうけれど、入口から素晴らしかったですよ!!

二階展示室は2月18日まで撮影自由ですので、撮りたい方はぜひ来てネ!(意訳)

って書いてあったから(どこで読んだか忘れたが)、若干混み気味の一階をほぼスルーし、二階へと行ってみたら、撮影スペースが無い!!

なんでやねん!!でも、行きがけにすれ違った、おそらく東京都美術館から帰るであろう人々の多くが、自慢のカメラを首から下げていたなぁと思い、そのまま三階へと行ってみたら、三階が写真撮影OK!!のスペースでした。



一階はほとんど観てこなかったので、何とも言えないのですが、階が上がるにつれて、何だか求心力の強い絵画が多かった気が。

三階は特に凄かったです。



でかいモニターが3つほど出迎えてくれました。一階にもあったような。プロジェクターもあったなぁ。最近の美術館は凄いね。

午後から突撃したのですが、同じ午後組が一階をゆっくり見物しているうちに三階へとサッサカと向ったので、ゆっくりまったり鑑賞、撮影できました。

決断力の勝ち!!



私が一番見たかった、昆虫の絵は、一見の価値アリ。
大理石に描かれているのです。
透明感が美しい、非常に繊細な絵でした。
完璧な配置に、配色。
並並ならぬ、プロの腕前を感じる。











あと、古代ギリシアの4大元素(火、水、空気、土)の連作も素晴らしかった。
これが写真に撮れなかったことが後悔である。二階に展示されていたからなぁ、仕方ないです。このコレクション持ってる人、羨ましいなぁ…!!
美しい絵でした。
水の絵は、貝や魚達が、大気の絵には、鳥達が、沢山、活き活きと、そして緻密に描かれておりました。素晴らしい!!感動!!

そして、花。
花の絵も、これでもかと来日していました。


















この辺にして。
次は、メーンの農民たちの絵ですな。





























写真の腕前が悪いのだが、数々の花の絵画とともに来日した、これも一押しの絵画。
でっかい。間違ってもさわらないようにとガードしている更にでっかいアクリル板が…

妹の、新婚家庭へ泊まりに行く

入籍して、幸せいっぱい夢いっぱいの、妹の家へ遊びにいきます。
これは良いところを姉として見せておかねばならないと言う、勝負の時がやって参りました。大丈夫、私は本気を出すと凄いのだ。と、自分に散々言い聴かせるアファメーション体験。まずこれで疲れる。HP10くらい出かける前から消える。

妹からは「気を使っていっぱい喋ろうとかしなくていいからね」と、つまり『余計な事は話すなよ…( ^∀^)』と、暗に、笑顔でどでかい大釘をさされた気がします。

妹のやらかしてきた黒歴史を、しこたま知っている身としては、非常に緊張します。
妹はあまり話さないタイプ。そして私は、もうね、主婦になって10年ですから、所帯じみた社会とも切り離されたおばちゃんなのです。あれもこれもと、いらんことまでペラペラペラリーノと、するする話します。
私の旦那さまにも「Indiは言わなくてもいい事と言っていい事が分からないから」とか言われます。つまりダメなわけです。もうダメ人間なわけです。

これを想像して、HPは、更に30くらい減る。

もうね、家を出る前から負け戦な訳です。
これに打ち勝つ方法は、孫子的に言えば、既に奇策しか残っておりません。

そして、奇策は結局なにも思いつかず、とりあえず予定通り、この大寒波のくそ寒い中、行って帰ってまいりました。



「いつまで居てもいいからね!」

という、妹とその御主人の親切なお心遣いを、「いえ、一泊二日で!!」と強行にお断りしたのですが、電車の複雑な乗換と、御主人のご家族へのご挨拶で緊張し、最近すっかり遠のいていた久々の遠出(つーか、もはや独り旅)に、稀に見る虚弱体質の私は、すっかり体調を崩した。

妹と、その御主人の心遣いで、結局、二泊三日となりました…。

妹の御主人は、自営業。
要するに、めちゃ忙しい。

新婚、そして同居一ヶ月のラブラブな妹の家庭に、初っ端からご迷惑をかける姉。自分のへたれっぷりを晒す想像をして、大体の備えはしていったのだが、想像よりも、はるかに現実は厳しかった…。

妹の義理のお母さんも、御主人の兄弟も、みなさま親切で優しく、穏和で楽しい人達で、二泊三日、据膳に上げ膳の小旅行状態です。
ここは旅館か。私はどこか幸せの別世界に、電車に乗っているうちに転送されたんじゃああるまいかと勘違い。

そんな心尽くしのおもてなしに、余計緊張する野猿(私)。

夜になって眠れない…

雪だるまが、更に荒されておった

イメージ
私はいたずらが嫌いではないのだが、ことクソガキのやることに関しては大嫌いなのである。

相手の事を考えない場合が多いからである。あと、過半数のガキは、多くの場合、躾のなっていない、思いやりもない、ただのクソガキなのである。

と言うわけで、TBSのモニタリングもあまり見ない。
あのテレビ番組で面白いコーナーは、プロゴリラーくらいなもんかと思っていた。

が、以前、急いでいるサラリーマンが落としていった封書を走って届けた若者に、強引にヒーローインタビューを実施するというものがあったのだが、それは良かった。

若者も、司会者の「いやぁ、封筒を届けるときはナイスランでしたね!!」という質問に、「あのサラリーマンの方も、近くで止まっていてくれたので、安心して走ることが出来ました!」とか、ノリノリで答えていたからだ。こういうのはいい。

素晴らしいイタズラと言える。
見ているみんなが気持ちいのだ。

それと同じで、スプレー缶を使ったラクガキを、芸術の域まで高めた作品はいいのだ。
それはそれで素晴らしい。電車に描く奴は許せないが。自分の国の自分の家の壁に描いてろ!!と思いますが。

ただイキっているだけの、くそ馬鹿野朗がスプレー缶一本で、通りすがりにらくがきしてった壁などをみても、腹が立つだけなのである。

いたずらに、ガキは参加させるべきでは無いと思う。
ユーモアのセンスが洗練されていないからである。
あいつらは自分の楽しみだけを目的として、集団で悪ノリを楽しむのである。

と言うわけで、イタズラされた雪だるまは今こうなっている。


両耳を付けたのは私だが、この頭の頂点に盛られた雪の塊に、何の意味があるのか分からない。全体として捉えても、全く意味のない代物と成り果ててしまった。
可愛くもない。何か意味があるわけでもない。全く面白くないのである。

耳は、翌朝こっそりと見に来た制作者が、ほんのり笑ってくれればいいと思っていた。
いわば、男性が力を尽くして作った中に、ほんのりと混ぜた女性成分、つまりほっこりした癒しなわけである。

こういう、全く意味のわからない、ただ破壊だけを目的とした作品は大嫌いなのである。

でも、これには私にも責任があるかもしれない。
もっと完璧な耳をつけておけば、こういうクソな輩は寄って来なかったかもしれない。
悔しい。製作者に申し訳無い。

雪だるま事件

イメージ
我がマンションの裏に、無駄にデカイ力作を勝手に設置していったイタズラ小僧は、即刻名乗りでろ!!( ;´Д`)

今、正直に話すなら、先生は怒りませんよ!!

泣きたい!恥ずかしい!!
このしょうもない、しかもでかい雪だるまを、帰宅帰りの人が、全員冷たい目で一瞥しながら通り過ぎる。

待って!私たちじゃないの!誰かのイタズラなの!

ひさびさの珍しい関東での積雪に、ボルテージがドーン上がっちゃった、おバカな誰かの仕業なの!!

くだらな過ぎて、思わず写真におさめた冬の風物詩。 飾るなら、自分の家の前にしやがれ…。 しかも結構でかい、無駄にやたら気合の入った力作。

Jamesとお茶しながらお喋りタイムを満喫して、ルンルン気分で帰って来た私の目に飛び込んだ物は、我が家のマンション裏に設置された、結構迫力のある雪だるまだった。しかも、ちゃんと二頭身。

見つけた時、脱力して失笑した…(^^;)

通り過ぎるついでに、制作者に対する嫌がらせにと、耳をくっつけてきた。

クマにしようかと思ったのだが、クマにしては長いし、うさぎにしては短いと言う残念な結果となった。おかしいな、図工も美術も、5以外だった事なんて、まず無いんだけどな…。私もなまってしまったか…。


今日は、私がJamesとリッチな時間を過ごしている間、旦那さまが夜勤に備えて、仮眠をとっていたはず…。さぞかし子どもの騒ぐ声でうるさかっただろうなぁ…。

リッチなコーヒータイム。 ちなみに山のような砂糖とミルクは、全て私が空けた。 Jamesはブラック好みなのだ。

この雪だるま、けっこうな力作。小学生だけでは作れまい。
雪の塊を上に持ち上げるのって、結構力が要るからね(経験者は語る)。
二頭身にするために、男子中学生か高校生か、あるいは小学生に力を貸した大人が居たはず。探偵Indi、そこまでお見通しさ!!


何故ウチのマンション前に飾ろうと思ったのか理由を述べよ。遊ぶならすぐそばに公園があるだろう!!

マンションの裏の道と言えど、交通量も人通りも割りと激しいから、尚更恥ずかしいのだが、理由如何によっては、許してやらない事もない。

…ていうか…。

今、うっすらと思い当たったのだが、今朝、私がお義母さまと駐車場の雪かきをしていたら、同じマンションの住人の男性2人が、雑談しながらマンションの裏を、楽しそうに一生懸命に雪かきをしていたんだよね…。

James、私の突然の哲学への目覚めに、のけ反る

イメージ
こんにちは!Indiです。

先日哲学講座に見学に行った話をアップしましたが、それを読んだJames、腰を抜かさんばかりにビックリしたらしい。
さては離婚問題でも持ち上がったのかと心配して気を揉んでいたとの事。
すまなんだ…!!テヘペロ!!(о´∀`о)


団塊に混じって、難解なヘーゲルやってきたと伝えると、
「哲学にハマるのって、ティーンエイジャーだよね?!」
と、昨日、お茶した時に、コーヒーをすすりながら、ちょっと呆れ気味に、尤もな事を言われてしまい…ww

いやいや、ティーンの頃の私は、家庭事情が複雑でそれどころじゃなかったから、哲学に目覚め、自分のあり様について悩んだのは、二十歳前後なんだと説明をした(注意書。今、アラフォー)。

しかも、近くに、そういう事を教えてくれる理想的な方も居なかったから、友人に薦められた、当ると噂の高い霊感占い師の元へと連れてって貰い、「一体私は、何のために生まれて来たんですか」と、真剣に聞いたからなww

占い師の先生は言った。
「人の役に立つ為です」と。

そりゃー大変だわ。
気も利かない、融通も利かない、ぼんぼん凡人以下の、私には荷が勝ち過ぎるわーと、当時は思ったのですが。それは今でもですが。

で、哲学。
ガチでJamesを心配させてしまい、『あんなにリア充な生活を送っているにも関わらず、なぜ今頃哲学!!』と、Jamesの仕事が忙しくて忙しくて、電話が繋がらない間中、「Indi、さては離婚危機でも持ち上がったか?!」とか「知り合いに勧められて、哲学講座の名を借りた、実は反社会的な組織の組合員にされてしまい、洗脳でも受けてたらどうしよう…!!」とか、散々にJamesを悩ませてしまったのだがww
私の中で、悩み=哲学。Jamesも哲学的だねぇ!!
(あんなに心配させておいて、マルッと他人事。最低な私…( ;´Д`))

悩むべき時期に悩んでこなかったからね。
昔の私はハッピーお花畑頭だったからね。
学校しか知らない、格下の生徒相手に怒る事しか出来ない、視野の狭くなった多くの教員を小バカにし、マンガやアニメといったオタク文化に傾倒していたからね。

今頃、興味が湧いてくるわけですよ。
ヒマだから。

今日もJamesと会えるかも知れない。

基礎篇で学ぶ、ソクラテスの弁明読んでいるよりは、お義母様から借りた、『赤毛のアン』見ていた方が、よほど時間を有意…

結論。同窓会に行くより、個別に、親しい人に会った方が余程楽しい。

同窓会のお知らせがあったのは何年か前。

企画したのは、当時クラスを超えた人気者だった人達。

私にも友達づてで、連絡網でお知らせがきた。

行ったかって?

行かないに決まっているだろう。

只でさえ、人間関係を一度きれいに整理している私。
特別成功してもいない私。
益々行き辛い。

でも、行った友人の話は聞いた。

何でも、SNS、LINEの交換は必須だった、との事。
その友人も、翌日には「さくっと消した」とか言っていたけどww
彼女は一匹狼なんだよなぁ。カコイイ。

女の会話は、旦那さまの年収自慢、子どもの自慢、若々しい外見自慢。成功している自分自慢。

自慢、自慢、自慢、時に女友達の悪口なのです。
偏見か?いやいや、どこでも大体、一緒だろ。

こっそりと、ある独身超絶性格の悪い、人を小馬鹿にしてばかりいる異常頭の女が、同窓会に潜入した、私の友人にささやいた。

子育てで、日々忙しくしていて、SNSも子供の写真ばかりの家庭的な話題しかない別の友人の事を、つまらんとディスったらしい。

表の顔では、そんな事、お首にも出さないのにね〜( ´∀`)
あー嫌だ嫌だ。だから貴方、嫌われているのよ。

そんな貴様こそ婚活中らしいじゃん。オマエを見初める男がいるかどうかは別として、子供を産んで家庭に入れば、社会とも切り離されるし、結局同じ道を辿るんだよ、バーカww
…とか、友人からの後日談をきいて思ったり。

私が縁を切った、この超絶性格の悪い胸くそ女が、次の同窓会の実行委員に名を連ねていて、苦笑いしたり。彼女は富と名声が好きだからなぁ。相手の性格よりも、持っている物や、バックボーンを見極めて付き合うかどうかを決めるからな。それ以外は格下認定をした人間としか付き合わない。自分が一番でないと気が済まない。でも、実力、容姿共に、残念でしかない、じっとり系粘着質・最低女ですよ。
この彼女ね、一見、笑顔は可愛いし愛嬌も若干あるから、話していて楽しいんだよね。
でもね、距離が近付くにつれて、親しき中には礼儀ナシという、バカをハッチャケてくれるので、未だ彼女に、親友はいまい。さようなら、私はあなたと縁を切れて幸せです。


同窓会に参加した別の友人も、笑顔でSNSとか交換して、帰り道には消したって言ってたなwwまあ、なにが本当かは分からんが。


親友なんて、この年になると確認しあうもんでも無いし(というか、確認していて…

Jamesの元へ嫁に行った、Waikiki・Tシャツ

イメージ
普段、地味なパウスカートに黒Tシャツで、フラダンスをフラフラと躍っているJames。
あのWaikiki・Tシャツは、お仲間の、『派手を奨励するダンサー』の方々に大好評だったとか…。

「フラダンスをやっている人に、悪い人はいない!!」

という、フラダンサー達の、謎のフラ哲学のもと、昔なつかしの古き良き時代だった頃の、あのTシャツ(オール刺繍。しかも2枚も)は、私が過去フラダンスを習っていたと裏付ける証拠に、十分な代物だったようだ。

Jamesも、「親しい人に貰ったんです〜( ´∀`)」程度に、ぼんやりとけむに巻いたもんだから、私は、片方がハワイ出身の両親を持つ、ハーフの帰国子女フラダンサーとなり、家庭に入ってから、やむなく辞めた、という設定が勝手にできあがってしまい、
「カムバックしないの!?勿体ないわ!!復帰するべきよ!!」
と聞かれたとか。

「そりゃターミネーターだよ」と心の中で突っ込んだJames。
「フラダンスなんぞ嫌いだよ…」と心の中で突っ込んだ私。

あの単調なリズムを聴いていると、眠くなってくるわ!!まるで子守歌だわ!!


そうそう、チラ裏ですが。

最近茎わかめにハマって、おやつには、柿ピーとこればかり食べております。


美味い…。
同じ一榮食品さんで出している商品の、昆布結びも、めちゃ美味しいです。
甘酢って大嫌いなんだけど、このくらいの甘酢なら食べられる。

あぁ〜めっちゃうまい。幸せ〜(*´∀`)♪

昨今のセクハラ問題について

イメージ
おはこんばんちは、Indiです。

今回は、珍らしく時事ネタ(つーても、かなりの時間が経っているけど…ww)。

昨今、ハリウッドで、窮地に立たせられている胸くそ男の、いかに多い事か。
わが国でも時流に乗り、セクハラばかりが取り上げられていた時期がありましたね。

ベルルスコーニ氏は言いました。
「女性は男性に口説かれて嬉しい筈」、と…(ちょっと詳細があいまいだが、意味は大筋で合っているだろう)。

ばか者!!大ばか者!!( ;´Д`)
これだから、夜な夜な若いギャルに混じって、ブンガブンガと大ハッスルしている奴は!!分かってない!全然分かってないよ!!

これは、絶対だと思うんだけど、
女性が口説かれて嬉しいのは、
『自分好みの男性』に口説かれた場合に限るんだぜ?!


女優プーリップちゃんを口説く、イケメン・テヤンプロデューサーの壁ドン!(想像図)。

不細工で性格も悪い、下衆の極み男に言い寄られても、ウザいし面倒なだけなんだぜ!?

しかもこういう奴ほどモテないから引き際も知らないし、自分をイケメンだと勘違いしている、自意識過剰なヤツだったりするから、逆恨みされてイジワルされたりするし…。
相手が、合コンで出会った見ず知らずの男性なら、まだマシだけど、これが同僚だったり、上司だったなら、目もあてられないし。

もうね、こんな連中が、世の中には結構な割合で生息しているわけですよ。
胸くそ王国の、首都ゲスキワの王宮に住まう、うんこ王子なわけですよ。
(モテない癖に語るな、とか言わない!私にもその昔、モテ期はあった!!)

その点、カトリーヌ・ドヌーヴさんの言う事は良い。
「女性を口説く機会を、男性から奪ってはならない」

これを聞いて私が想像したこと。

内気名 良男(ウチキナ ヨシオ)
「(勇気をふりしぼって)高嶺乃さん!突然ですが、こ、今度、ボクと食事に行きませんか…!?」

高嶺乃 花子(タカネノ ハナコ)
「まぁ、良男さん!いきなりどうしたの?」

内気名
「や、やっぱり、取り立てて美点のない僕じゃ、高嶺乃さんの隣を、一緒に歩くのは、分不相応カナ…( ;∀;)」

高嶺乃
「いいえ、そんな事無くってよ!いいわ、良男さん!良男さんを知る、いい機会だもの!!今度、二人でお食事に行きましょう(*´∀`)♪」


…的な話なのだ。

カトリーヌさんは結局の所、謝罪していたが、言いたい事は、要するにこういったパティーンだろうから、…

哲学サークルに行った(見学に)

イメージ
行って来ました。
文芸・文章サークルで検索したら、ここも出てきたので。
三つめです。

結論。
哲学って、その作者が書いた時代背景も考慮しないといけないから(例えば、神を否定すると、社会的制裁に合う時代の人が書いた本とかね)、歴史の勉強も必須。
しかも、ヨーロッパ圏の歴史から、古代ローマや古代ギリシャ時代まで幅広く。

世界史?

教師も呆れて注意しない程に、思うさま寝てたよ!!
私のバッキャロゥ!!(´;Д;`)

全然分かんない。
大人になってから後悔するから、ここを見ている学生さんが居たら、国語と日本史、世界史には、真面目に取り組みましょうね。

数学は必要ないって思ったけどね、成長してから。算数が完璧に出来れば、それで充分。でも、バカの言っている事なので、真に受けずにきちんと勉強し、人間形成にも、地域の文化センターやコミュニティセンターなどを効率的に使い、様々な勉強をいろいろな世代に交じって勉強し、そして沢山遊びましょうね。今日は隣のホールで、障害者と子どもがいり混じって、何か音楽をやっていましたよ。音が聴こえた。

音楽・芸術系の習い事はしなくていいよ、ムダだから。
それで生計を立てられる人なんて、例えば、難関をくぐり抜けて、幸運な事に東京芸大に入学式できても、プロとしてやって行けるのは、ごく僅かの中の更に少数だから!!

音楽がやりたい。絵画が学びたい。映像を学びたい。芸術にかかわりたい。

でも、無駄。

この世は、才能があると思っていたのは自分だけ!とか、多少は有るが、多少じゃダメ!!という世界なのです。
わたしも一応は、好きこそ物の上手なれ、とか、努力は何物にも勝るとも思いますが…。でもそれも、本当に血の滲むような努力ね。
いわゆる普通の凡人が、世の中の圧倒多数を占めているです。

無情だが、これが現実。
自分の子供に夢を見過ぎるな。

勉強しろしろって言うけどさ〜…。
お前の学歴はどうなんだ。
遺伝って、非常に重要やで?


話は戻る。
「文章を上手に書きたい(そしてブログで収益をあげたい)」と、受講の動機と、下心を正直に話したら、

「論理的な思考ができるようになるし、それによって文章が論理的に書けるようになるかも知れないから、非常に為になると思うよ(`・∀・´)!!」と言われました。
別の方には、「文章は、語彙力だよ( *`ω´)!!」と断言されたのだが、誰もわかんない、…

文芸(文章)サークルに通うことになりそう

例の、『ライター・編集者養成講座を受講しようと思っている!!この決意は固い!!(つきましては、授業料を出しておくれ!!)』、と、旦那さまに打診したら、

「私はもう、朝に貴女を起こすのが大変だから、通わせたくない。授業料も高いし、最後まで絶対通えないでしょう!文章が書きたいなら、近所で済ませてください!!」

と、『当たり!!(*´∀`)♪』っていう、案の定な事を言われ、仕方無く、近所で文芸サークルを探しました。

文芸サークルは沢山あるのですが、その多くが、俳句や詩といったサークルばかりです。

夫をも巻き込んで方々調べ、泥の中から砂金をすくうように、私の希望と合致しそうなサークルを、2つほど、やっと見つけました。



・会費が高い方は、年に一度、ライターの先生を招き、添削してもらい、会誌を出すサークル。

・会費が安い方は、講師はいないし呼ばないが、メンバー同士で、分かる範囲で教え合いますよ、という、年に一度、会誌を発行するサークル。

どちらも高齢の方が多いらしい。

というか、電話の感じでは、高齢の方ばかりらしい…。

一千円の方は、全盛期には20よ名の会員がいたが、転出したり体力的に通えなくなったり、亡くなったりして、今や4名。

問い合わせしたら、両方の代表者から、
「お声が若いような気がするのだけれど、お幾つかしら?」と聞かれた。

年齢を教えたら、非常に喜んでいた。マジか。こちとら、もうアラフォーやで…。

「待ってますわね!!待ってますわね!!まぁ、楽しみね!!楽しみだわ!!hshs(`・∀・´)」と、二千円の代表者がおっしゃってくださり…(勿論一千円の方の代表者も、非常に嬉しそうにしてくれたのだが…)。

二千円の方は、とにかく絶対、一回顔をださにゃならない状況におかれた。
なんだろう、このざわざわした気持ち。恥ずかしいような、照れるような、むずむずするような…。

こんな、ほぼ雑草に近い品種が、胡蝶蘭の品評会に参加させて頂いてよろしいのだろうか…という感じ。ハズカティー!!

でも、会費一千円で、たった4人でまったりと活動している方が、アットホームで、いい意味でユルユルな感じがしました。雰囲気も良さそうです。

私は、ゆるければゆるい方が好きです。
自由度広がるしね。

私は、融通が利かない変態なので、枠に嵌められると、途端に長所が死ぬのです。
だから、真面目なら真面目な程、…つ…

ルパン3世の5Thスィーズンが始まるよ!!

イメージ
ヒャッホー!!

待ってた!
ちょうど今日、ついさっき撮り溜めてたルパンVSマモーの映画版を夕食を食べながら途中まで観てた!!(昔の作品は、刺激が強いネ!!)

こんな嬉しい報告を聞けるなんて、いやぁ、新年から良い事づくしだなぁ〜!!


ルパンめっちゃカッコいいんですけど!!
右のリーマン誰??コナン君の関係者?!

一応こっちにもリンクしとく。公式Twitterでも呟かれているけど。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6268640



4thシーズンは、飛び出してくるような3D描画で、2Dなのに、めっちゃステキなオープニングだったなぁ!!
調べが足りなくて、最初の3話ぐらい見逃したんだよなぁ…orz

ルパン大好き!!
四月が楽しみ!!
今度の舞台は何処だろう!?hshs(*´∀`)♪

学校へ、行こうかナ〜( ´∀`)

先日のJamesとの会議に出て、学校に行く話が持ち上がりました。

受験も、学部によっては無いのです。
プロのライターや脚本家を養成している機関です。
その中には、既にプロの方が受講するコースまである。
授業料は、なかなかのお値段ですが…。
でも、息吸って吐いているよりかは、格段に良いかと。

私も拙いブログを書いているので(アドセンスで儲けようと。ウヘヘ(*´∀`)♪)、もっと読みやすく分かりやすい、上手な文章が書きたいなーと…(`・∀・´)

でも、通い続けられるか自信がない。

実際、脱落してゆく生徒も、多いのだろうなぁという印象。

まぁ、来年辺りに、通えたらいいですね。

まずは家族の説得からです。
ここが一番難関です。

「どうせ途中で飽きるんでしょう?」
「途中で辞めても、授業料は返ってこないのでしょう?」
「大体Indiは、飽きるのが早いんだよ。熱し易く冷め易いし」
「むりむり、ブログで収益なんてあがらないから!!」
「そんな事より、家事をしっかりこなしてれるだけでいいから!!お小遣い稼ぎとか、お金儲けとか、Indiは一切、考えなくていいから!!」

ああ、一瞬でこれだけ思い付く…。

でもなぁ。作家になりたい訳じゃないけど、文章は上手になりたいのよね〜。

ペイザゴーストを観る

イメージ
観ました。
一人では恐いので、夫を巻き添えにして。
映画鑑賞にはおやつが必須だとゴネ、ポテチとコーラを準備して、正座して見た、久々のホラー映画。



私は、ホラーに関しては、バリバリの初心者マーク!!

映画好きを自称してはいるが、「〇〇監督の産まれがどこで〜、大学の演劇部が〜、俳優の〇〇が誰と結婚して〜」とかまでは語れないし、そんなヒト、映画ソムリエになれるyo!!なんて思っちゃう、普通の凡人です。

そんな私が真冬に借りてきた作品は、これでやんす。
近所のビデオ屋さんイチオシで展示してあったから、気にはなっていたのですよね。
どれどれ、どんなもんかとね。
ニコラス・ケイジ、結構好きなんですよね。ゴーストライダーとか。
私はとにかく分かり易いエンタメ作品が好きなのです。
ぶっちぎりの直木賞!!みたいな。

で、感想。ネタバレします。これから観るぜ!!って方は、この先は、読むことを止めたほうがいいヨ!!( ´ ▽ ` )









最後がハッピーエンドで、まずは安心した。
さらわれた子供が、ちゃんと帰って来たからね。
しかし、エンドロールの、幽霊に殺された同僚女性の目が、効果音と共にガッと黒く開いて、これから先も、しょく罪はおわらんぞ、いや、終わらせないぞ…みたいな演出でしたが、そこは平和に、只のハッピーエンドにして欲しかった。

後、もう一回観賞しないと判然としないが、帰って来た子供に、さらわれていた当時の、恐怖の記憶はなかったが、中身が少しどうにかなっているのだろうか。

冒頭の「来年のハロウィンには〇〇のコスプレをするんだ〜( ・∇・)」の台詞が、帰ってきた後の同じ台詞と、コスプレ内容が違う気がした。凶兆を暗喩するハゲワシも相変わらず飛んでいるし。

そうすると、幽霊に殺された同僚の女性の、黒く開いた目とも、関係があるのかな〜??とか、想像をふくらませる事ができますが…。

子供を救うために、あの世とこの世の橋を渡り切る途中で、橋が崩れ、壁に必死になって捕まるニコラスと、その子どもチャールズ。チャールズを、まずは引き揚げ、そしてニコラスが現世に戻ったところで、ドアが閉じ、壁はもとどおりに。


そこ、タイミングがうますぎだろとか、思ったりもした。


後、驚いたのがハゲタカ(ハゲワシ?)の調教。狙ったところに着地させるとか。どんだけ凄い調教師がいたのだろう。




まぁ、私の様なホラー初心者には優し…

不良こたつと、生真面目・電源タップ

電源タップ
「私、もういい加減、貴方の素行に飽き飽きしたわ!!やっぱり私たち、合わなかったのよ!!この際、きっぱりと別れましょう!?」


不良こたつ
「おい、そんな、待てよ!!一方的に決めやがって!!お前は、俺なしじゃいられないんだよ!!考え直せ!!今ならまだ許してやるぞ!!」


電源タップ
「ハッ!!笑わせないでよね!!貴方こそ私が居ないと、無用の長物じゃない!帯に短し襷に長しじゃない!!ヒューズも一回飛んでるし、もうジジイなのよ!!自覚したら!?誰からも必要とされない存在に成り果ててから、やっと後悔するつもり!?そこら辺を、よくご理解なさったら?」


不良こたつ
「なんだと、この女!!オレがじいじいなら、お前だってババアじゃねーか!!ふざっけんじゃねー!!お前みたいな女、こっちから願い下げだ!!望み通り、別れてやるよ!!あとで泣き付いて来ても知らねーぞ!!」


電源タップ
「それはこっちの台詞よ!!負け犬の遠吠えもそんなものなのね!!本当に情けない人!!私の方から見限ってやるわよ!!」


二人共、ツンデレ。
なんて、ヒステリックな物語があったかどうかは知らないが、こたつが通電しないのは事実。寒すぎて足がつる。


たまには通電するのだ。
たまに。
ごく稀に。

こたつの接触が悪いのよ。
こたつ側のコンセントが。

延長コードの電源タップはね、正常なわけですよ。
旦那さまが差すと、ご機嫌を直してくれるのですが、私じゃ手に負えない、不良こたつと、生真面目コンセント。


その…。
接触を直すために、何度もコンセントの抜き差しを繰り返し、調整するのは、地味に…ツライ…( ;∀;)

どうぶつの森が、深い…

イメージ
おはこんばんちは。Indiです。

最近、とびだせ・どうぶつの森(ゲーム)をちまちまやっているのですが。

その、村役場前に張り出される、標語とか、一人言が、いちいち深いのですよね…。

まずはこれ。




「タダでごはん、後で絶対高くつく」

これはですねー、非常に的を得ておりますネ!!
男性から、ごはん代を支払ってもらうのが当然だと思っている、ぶいぶい言わせている、なんの根拠もない自信に満ちあふれた、若くて世間知らずな女性は、泥酔時に、ご注意を!!そのまま、送り狼に攫われます。

また、何か才能があって、ちやほやされ、鼻が高くなった方も、運気が下がってきた時には、あっけなく周囲の人間から見放されます。

というか、酒の話なら、女のコは、泥酔する時点でアウトなのです。
男性だったら、交番前の植え込みにでも捨てて帰れるけど、女性はそうは行かないのです。
自分はこんだけ飲んだらもうだめだという限界を知らずに、勧められるがにままに、がぶがぶ飲むと、こうなる訳です。
お金と等価交換の何かを失うわけです。
等価交換だったらまだ良いけど、相手が悪質な、ゲス野郎の場合もあるわけです。
高い代価を、支払わされるハメになるのです。

ちなみに私が自分の酒の限界を知ったのは、22才くらいの時でした。
ギムレット三杯飲んだら、前後不覚になって、友人に助けて貰ったww
これは女同士の飲み会だったから笑い話ですむのです。
数の中には、ブスを好む男性もいます。女性は、美醜問わずに特にお気を付けを。


次。



「途中から逃げ出すよりも、最初から逃げ出した人のほうが立派なんですか?
ふしぎな世の中です」


いやぁ、これも深いですねー。
逃げ出すの定義が、人それぞれだと思うのですが、今はもうスポ根の時代ではなく、ブラック企業にブラック上司にぶち当たったら、とっとと逃げ出した方が今どきですよね。
ストレスを溜め込まず、それによる健康被害も出さないうちに辞めた方が、よっぽど良いと思いますがね。

最初から逃げ出す事に関しては、なにも言うまい。
人一倍、繊細で弱い人間だって、そりゃ世の中ですからね、居ますよ。
4〜50代のヒッキーも、沢山いますしね。
でも、この人達も、最初から「小学校行きたくない!!」などとは言っていないと思うのですよ。期待と夢を膨らませて、校門をくぐったと思うのですよ。

まぁ、どちらにしろ、頑張って病気になっ…

中国人とのビジネス会話(会話の意味合い集!)

James、バリキャリが故に、様々な言葉の勉強をしている。
勉強会なんぞも開いている。
さすがレディー(淑女)。やる事が違う。
レディースじゃないよ、レデイーだよ。
Jamesは、まるでフェアレディZだよ。

で、中国との取引に関して、部下に対し、中国語に関する、ビジネス中国語のレジュメを作った。
なんでも、中国との取引で、現地の通訳を雇ったら、うん千万円も、ぼられたとの事。
でも、中国では、それが普通。袖の下が普通。だから、お金がやたらめったら掛かるのだ!!

そんな訳で、James、一念発起して、会社に無駄な損害を出さない為に、日本人なら誰でも分かる、中国人とのビジネス会語集(言葉に含まれる意味集)を作成した。


たとえば、「社に持ち帰って検討します」。
この言葉を聴いたビジネスマンなら、「あー、この案件は望み薄か〜」なんて意味合いが分かるわけです。

でも、中国人とは、お国柄が違うので、話す言葉と受け取り方の意味合いが、日本人とまったく異なるのです。


以下、中国人と日本人の受け取り方、意味合い集。
注意)翻訳は、グーグル翻訳を参考にさせて頂きました。
Jamesの書いたままの中国語とは、違う言葉も多数あります。



这是很难执行的
「これは、実行がかなり難しい」

日本人的受け取りかた「望み薄か」
中国人的意味合い「お金くれ」




虽然没有它,但没有办法
「方法がない訳ではないが」

日本人的受け取りかた「難しい提案をされるのだろう」
中国人的意味合い「お金くれ」




相当多的努力是必要的
「かなりの努力が必要だろう」

日本人的受け取りかた「かなりの努力が必要なのだろう」
中国人的意味合い「お金くれ」




你觉得我应该怎么做?
「どうすれば良いと思う?」

日本人的受け取りかた「意見を求められている」
中国人的意味合い「お金くれ」




我们必须考虑中国的情况!
「中国の事情を考慮しないといけない」

日本人的受け取りかた「中国の事情を考慮しないといけない」
中国人的意味合い「お金くれ」




我们来做吧 让我来表达一下你对我们总统的打算
「こうしよう。我々の社長にちょっと意図を示しましょう」

日本人的受け取りかた「???」
中国人的意味合い「お金くれ」




你的方法的一个小标志
「ちょっとしたお近づきのしるしを」

日本人的受取りかた「見返りがほしいのか」
中国人的意味合い「お金くれ」




哦,是的,就是这样。
「ああ、そう…

ドールかわゆす

イメージ
Jamesと、gdgdおしゃべりデートに行きました。

午前中からファミレスで長居するわけです。
なんてリッチな時間なのでしょう。
10時に集まって、午後5時まで喋り倒すわけです。

そこはね、女同士ですからね、ネタは尽きないわけです。
健康から介護問題。子どもの話題、うちの子(ドール)、近所に住みついている三毛猫、ウクレレ、アイーン!ダッフンダァ!!坂本くん、イケメェーン!!★ミなどについて、モチャモチャと語り合ったのです。あと、レンタルボックスの申し込みもしてきました。

なんとJames、ウクレレを持参してきたww
やめれww!!一応、皆さんがダベり合うファミレスやww!!

正月明けだと言うのに、ランチタイムは人でごった返し。
ビジネスマン達が、ランチついでにお喋りに来た、おばさま方に混じって、書類を広げ、本気の会議をしていたり、何かを一心不乱に勉強している方がいたり、後は主婦組みでしたね。人間観察が大好きなJames、hshsしておりました。私?あんまり、周りは見ない。じゃないと手元のコーヒーこぼしたりするからネ!子どもか。

という訳で、James特製のお衣装をきたドールを撮影して来ましたぁ〜♡



こういうお帽子、初めて直に見たし、初めてさわった。
このような細かなものを、よく作れるよなぁ…。James凄え!!



後ろも手を抜いていない。流石はJames!!



ゴージャスドレス!!
お高いレースを使ったから、返って作りやすかったとの事。



ちょっとレースの裾が美しくないのだが、それは私が、丁寧にきれいに設置するのをさぼったからだ…。


そして韓ドル。

ドレス、ビョルに似合ってて、とってもカワイイ。



縦ロールはJamesの手巻き。かわいいネ!



似合っておるのぅ。
ビョルファンには、たまらんて。

実はこのビョル、Jamesの家に遊びにくる皆さんに、非常に人気が高いのだとか。
金額的な面がネックで、売れないww(Jamesも、2万円くらいで手に入れているからね…。それに、カスタムもしているし)。体とか、作りが非常に繊細だけど、価格が信じられないくらい、お高いもんなぁ、天上天下さんのドールは…。最近はコラボばかりだけど、昔の物は、プーリップちゃんとか、超センス良い。

初めてビョルを手にしたが、唇も、とんがりを通り越して、「チュッ」って形をしているのね。ダルですら、ツンケンした、不…

最近、若者の間でレコードが流行しているらしいじゃん??

ニーア オートマタ(ゲーム)のサントラを買おうかな〜と思ってアマゾンをうろうろしていたら、レコードをみつけ、まじか!これ買う奴いるんか?!

なんて思っていたBBAは私だけのようでしてね、世の中ではレコードが大流行のようではないですか!!


レコードって、今のはどうか知りませんが、聞くたびに劣化していくから嫌なんですよね。後、リピートとか出来ないでしょ??

私の幼かった頃にも、レコードは有りましたよ。
小公女セーラの、レコードつきの絵本を買って貰い、アホのように聴いて、ノリノリで一人、熱唱しておりましたからね。普通の規格より小さな、赤い、プラスチックのレコードだったなぁ。懐かしいです。

親に捨てられましたがネ!!(誰もが経験する、オモチャの苛酷な末路…)。

捨てないでくれって言っても、さらりとスルーだものね。
「あなたが片づけないのが悪いのよ」とか何とか言われたな。
違うよう!毎日聞いていたから、むしろそれは定位置にあったんだよう!!
ちっきしょう!!ママンのバカ!!

で、現在の我家には、レコードプレイヤーなんて気の利いたものは無いわけです。
買ったところで、満足な置き場所もないのです。あれ、意外と床面積を喰うからね。

ニーアのサウンドトラック・レコード盤を買っても、オシャンティーに飾ることしか出来ないわけです。

しかも和風のこの家、インテリアもモチャモチャで、利便性のみが追求されており、ボロイが趣があるわけでもなく、本当にただのボロ家で、レコードなんぞオシャンティーな物を飾っても、オシャレでもなんでも無いのです。
見え張って、頑張っているなぁ〜!いじらしいなぁ〜!!って感じになるのです。

オシャレなのは、私が玄関に飾った、素敵イラストの、安野先生の絵葉書だけでいいのです。

でもね、いいね、レコードって。

今のCD世代の若者にとっては、一周まわって、余計にオシャレに感じるのでしょうね。
プレイヤーも進化を遂げているようですしね。
USBの差し込み口があったりとかね。

私は手を出さないでおきます。CDでいいです。
CDも、決して安くはないしね。
そういえば、最後に買ったCD、リンジー・スターリングちゃんのCDやね。
音楽はYouTubeで作業用がいくつも編集されているので、それを聞いております。

人間が最初に発見した娯楽は、確か音楽とダンスだったかと記憶しておりますが、音…

現在フラダンスを猛特訓中のJames

最近フラダンスに加え、ウクレレにもハマっているJames。
先日電話したが、その時Jamesは、ウクレレを激しくかき鳴らしていたww
ウクレレって、他の楽器よりは、簡単らしいみたいなのですよ、Jamesの話を聞くと。
しかし、私には、できるかどうか…ww
コードなんていう、難しい物があるからなぁ…。

そして、Jamesのネタ。
なんだか、フラダンスもハマると、凄いらしい。
その変遷を辿ると、おおよそこの流れでいく羽目になる↓

・習いたての頃は短かった髪が、伸びてきた途端に、パーマをかけたり。 ・持っている小物や、手荷物が、南国調になってきたり。 ・着る服すらも、季節を問わずに、南国調になってきたり。 ・引きずるほどに髪を伸ばして、ソバージュかけたり。 ・頭に、でっかいハイビスカスのお花を付けて巷をうろついたり。 ・練習の休憩中、レイや花かんむりを被ったまま、パウスカートにTシャツで(このクッソ寒い中)、平気で近くのコンビニまで、飲み物を買いに行ったり…。 ・それどころか、パウスカートを履き、そのまま上にコートを羽織って、電車で習いに来ちゃったり…。

Jamesは伸びてきた髪を切ったら、無言の威圧にあっていると、こぼしていましたww大変だなぁww『髪は、女の命!!』は、どこの国でも共通との事です。
そしてJames、一番地味な格好でフラダンスをフラフラと華麗に踊っている。 しかし、古参の方から、「あなたは、もっと派手にしなさい!!黒いTシャツなんて地味すぎるわ!!」と、叱責を食らっているのだとか。
そこでウチの、あの不要品『Waikiki・Tシャツ』の出番なのです!! これさえ着れば、誰でもフラダンスの猛者になれるyo!! あなたにもオススメ、Waikiki・Tシャツ!!
先日会った時も、頭にお花を付けていましたな。私は、特に別に何とも思わなかったけど、Jamesは、恥ずかしげに気にしていたなぁww レイと花かんむりを、お教室の為に、必要に駆られて買わねばならず、パウスカートも派手なものを用意せにゃならんと涙目だったなぁ〜( ´∀`) ヘッドのお花も、服に合わせるために、その為だけに付けて来たようでした。 レイと花を選ぶJamesは面白かったですww 売場と鏡を往復しながら、あーでもないこーでもないと、めちゃくちゃ悩んでいたなぁ…ww 私と別れた後、購入したそうですが、結…

たまきちゃんの誕生日、忘れていた( ´∀`)

イメージ
先月12月2日。

我が愛しの、たまきお嬢さまのお誕生日です。
うちのメーンキャラクターの一人ですネ!

忘れちゃって御免なさい!!

「いいのよ、あなたのポカは、想定内よ」
「…サーセン…」
で、お祝いの宴ストーリーを書く気力が無いので(小物も無いので)、せめて、と、お着替えさせてみました。

福島旅行のおみやげ、キャッスル製のドレスです。
色は何色かありました。その中で最もシックだったのがこれ。
あとはオレンジとか赤とか…。
まぁいい。
いざ、開封の時がやって参りました!!



ドレスの下のフワッフワしたレース。頭につけるリボンか?と思いましたが、その様です。ゴムが付いておりました。



店員のお姉様が気を遣って(か、どうかは分からないが…)消して下さったのに、価格がうっすらと透けておりますww


出して、着せようとしたら、何とインナー付き。この価格は、ボリボリしているわけではないっぽい、タカラトミーさま純正品(*´∀`)♪


あいくるしい、たまきお嬢さま。髪の色が、なぜかうまく出ない。
私が持っているたまきお嬢さまは、髪がピンクがかった茶髪なのです。
かわいい色をしているのだ!!
なぜそれが出ないのだ!!
口惜しい!!
キーーー!!(´;Д;`)


ドレス正面。リボン沢山。Aラインで可愛い。


後ろ姿。バックリボンが可愛いです。


キャメラマンのように、下から撮ってみた。
か、可愛い…!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

所で、なんか、私が撮る写真って色が違うのですが、何故だ。

というわけで、お誕生日おめでとうございます、たまきお嬢様。



Jamesが作ってくれた、プリプちゃんのお衣装も見せないとね。
次回は結婚式でもするかな〜。
テヤン変態博士が、泣いて喜ぶな。