オビツ27、ヘッドの植毛を諦めた。私はウィッグを使う…!!

オビツ赤目ちゃんの植毛を地味に進めていた訳ですが、作業が遅々として全然進まないし、指は傷だらけになるし、お陰でご飯を準備する時に、生肉を触るのが怖いし、挙げ句の果てには、髪の分け目をつける方法を植毛後に知ってしまったものだから、もう投げ出した。こうやって前に進むことを簡単に投げだす所が私の悪い所です。

しかし、ウィッグだ!ウィッグさえ使えば、全て解決だ!!パラボックスさん、近いうちにお世話になります!!私は顔を描くことに集中します!!

という訳なので、赤目の子は白髪のウィッグでも買ってあげようと思います。そのうち。宝くじ当たらないかな…(19歳未満は買っちゃいかんで!)。

入れ目子ちゃんがたくさんあるから、眉毛と二重線と唇でも色を塗るか。あと、チークとかね。

そうそう、ネットでオビツの植毛済みヘッドをいくつかゲットする予定です。
廃番なのかわかりませんが、今の市場には、在庫がほとんど出回っていない、シルバーの植毛をされたホワィティのオビツ27のヘッドです。
値段交渉ありで売られていたので、試しに交渉してみたら、結局百円引きとなりました。
もう少し安くして欲しかったなぁ…。最初に値切りすぎて失敗した。しかし、交渉っていうのはそういうもんだと思っていた。交渉は、やっぱり相手の目を見てやらないといけませんね。
私もまだまだ未熟者です。「店の親父に、もう帰ってくれ!と言われてからが勝負だ!!」と、豪語していたレオリオさんに師事したい(by ハンターハンター)。

買ったヘッドでは、吸血鬼一族でも作りたいと思います。
吸血鬼といえば、アンダーワールド。アンダーワールドといえば青白い肌に、黒髪で美しい、ケイト・ベッキンセイル様…。あんなお人形を作りたいものです。
男の人形は、こちらも吸血鬼のフロスト(俳優さんの名前を存じ上げませんが、めちゃかっこいい映画ブレイドのキャラ)とか作りたいものですね。

私が人形趣味に目覚めたきっかけというのが、そろそろお金も多少は自由になるようになったし、そのときドールの世界を少し知り(ネオブライスとかアメリカンガールとかね、有名なやつ)、だったら私は幼い頃に憧れ、恋焦がれていたジェニーちゃんでも買うかと人形市場を覗いてみたら、あまりにも深い人形者たちの底なし沼を垣間見てしまい(もはやドールという区切りを超越したところに鎮座しているファイセンとか(リンクはあえて貼らない。ご存じない方は、自分で調べて、その業の深さに浸るがよか)、あるいは女子にも男子にも人気の、高価なくせに必ず黄変する仕様のドルフィーとか(何故だ、誰か私に教えてくれ。あんなに高いのに…!!))、どうせなら(国産カレンダーガールのジェニーちゃんも捨てがたいが)アルビノモデルのナスチャさんみたいな美しいお耽美な人形が欲しい!!と思ったのです。しかし、美しいお顔の作家さんが丹精込めて作ったオビツ27のヘッドは何万円もするのです。だったら自分で作ったろうじゃないの!!絵心だったら、ある程度は自信あるしな、オラァ!!というのが、拙いながらアイペに挑戦しようと思った理由です。

(余談ですが、人間は自分の能力を、8割り増しで見ている方が多いそうです。これが普通の枠から抜け出せない所謂一般ピープル。自分に厳しい方が、ひとかどの人物になるが、こういった方は、この誤差をしっかり自分でわかっている現実的な方とか、完璧主義の方。人様に完璧主義を押し付けるのは、ただのド迷惑な人。ということはだ、前述の文章にうっかり個人的な愚痴が入っちまいましたが、話を戻すと、絵心に多少の自信を持っている私は、上の下と自己評価をしているから、実際は下の上か、下の中程度には描けるということだ。一回オビツ27のヘッドで女の子を製作したが、入れ目だったし、私が得意としているのは紙に書く二次元作業だし、そう考えれば、三次元の顔を描く作業は全くの初心者。どうなるかわからん。二次元で培った方法を生かせるかどうかもわからん。ていうか、トーンに頼りすぎたし、カラーは苦手だし、もうこれって無茶を通り越した無謀の類なのかなとか半ば思ってる。余談にも余談すぎる余談)

以前も書きましたが、最低限の道具は揃えました。
これで自作のナスチャさんが作れれば良いのですが…。

ナスチャ様。お美しい…。


アイペも、作家さん達が書いたドールのアイペ指南の同人誌を一冊買って、それを見よう見まねでなんとかやっているといった感じで、たどたどしさが抜けません。しかも、準備したヘッドはホワイティ、下書きにイエローを使ってもなんとか消せるナチュラルカラーと違い、男の子も欲しい私としては、余計難易度が上がります。

因みに、最初は入れ目に拘っておりましたが、入れ目子ちゃんは創作(というか、改造)の余地がどうも(私のような素人からしたら)少ないので、もうどうでもよくなった。頭の毛根問題も解決した今、欲しい物は、美しいアイペされたアルビノ子ちゃんだ。可愛い顔をかけるようになりたい。

ネットで拾った画像。お耽美ですなあ…!!

…と、いうことは、リキテックスもある程度は揃えなあかん。
材料費も飛んで行くよ。めんどくさいから、最低限のセット品を買うつもりでいます。
今月は小遣いがいつもより多かったから沢山欲しいものが買えたけど、来月からは通常小遣いに戻るから、りからいずのリュシータ王女を買う予定だし、再来月かな、リキテックスを買えるのは。あと、頂き物のパステルがどっかにあったはずだから、探さないとなあ。捨てたかな…。どうだっけ。3年くらい前までは大切にどっかにしまっておいた気がするんだが。それからの記憶がないぜ。

私は道具を揃えたら、もうそれだけで満足して、慢心するタイプなので、今回ばかりは真面目に製作しようと思います。

プロになる気はないが、プロは雨の日も風の日も熱があっても尻からレーザービームが止まらなくても(by 空知先生とアシの方々。雪深い、幽霊旅館・お岩さん編)、毎日同じことを悪戦苦闘しながら、常に最高の完成度を目指して、ひたすら作業をやり続けるものですから、私もプロではありませんが、その心意気だけは学ばせていただこうと思います。

ちょうど季節も暖かくなってまいりましたし、これなら室内でシンナー(つうか、模型用のアクリル溶剤ね)使っても換気が気楽にできますからね。ああ、(私にとっての)真夏が近いよ。雪国生まれには辛いよ…。

コメント

このブログの人気の投稿

1/6 オビツの植毛

メル友詐欺・経過4。最終報告。